もし更年期サプリメントを服用して調子が悪くなったらどうするの?

 

 更年期障害のつらい症状の緩和させるために、サプリメントを服用する人が増えているようです。
 めまいやのぼせ、気分の落ち込み、疲労感などの症状ができる更年期障害は、毎日の生活にも支障が出てくるほどに悪化するケースもあります。
 産婦人科などでは、更年期障害の治療として、ホルモン補充療法などもありますが、副作用というリスクがあるので、できるだけ避けたいところです。
 更年期サプリメントと一口に言っても種類がとても豊富で、大豆イソフラボンがメインで配合されたものや、漢方薬系の生薬で出来たもの、美容成分としても知られるプラセンタやマカなども更年期サプリメントとして人気です。
 これらのサプリメントは、栄養補助食品で、薬ではありません。
 普段の食事ではきれない栄養素を、サプリメントで補うことで健康な身体作りをするものです。

 

 ですから、効き目も穏やかで、毎日継続して飲み続けることで、はじめて効果が実感出来ます。
 効き目が穏やかで、身体にもやさしい成分であるサプリメントですから、副作用がないことも大きなメリットです。
 じっくりと更年期の改善、ケアに取り組みたい人には、更年期サプリメントは最適です。


調子が悪くなったら…?

 しかし、そうは言っても、もしも更年期サプリメントを服用して、調子が悪くなったらどうしたら良いのでしょうか。
 特に大豆イソフラボンのように女性ホルモンのエストロゲンに似た作用のあるサプリメントは、ちょっと心配になることもあるのではないでしょうか。
 確かに大豆イソフラボンは、更年期サプリメントでもとても人気がある成分で、その効果もかなり期待できるものです。

 

 大豆の胚芽部分に豊富に含まれている大豆イソフラボンは、ポリフェノールの一種で、体内に摂取されると、エストロゲンと同じような働きをします。
 病院で行われているホルモン補充療法と同様に、更年期で減少したエストロゲンを補うことができるのです。

 効果が高い分、リスクもあるのでは?と思っていしまいますよね。

 

 これは大豆イソフラボンのサプリメントに限ったことではないのですが、もしも調子が悪くなったら、服用をやめて様子をしばらく見てみましょう。
 勿論サプリメントに記載されている、目安量はきちんと守ることが大切です。
 大豆イソフラボン場合には、体内でのエストロゲンよりも弱いもので、ホルモン補充療法で懸念されるような発がん率を高めるようなおそれもありません。

 

 摂取量を守ること他の薬やサプリメントを飲んでいる人ははじめにしっかりと注意事項を読む、などして上手に更年期サプリメントを利用しましょう。